緋村剣心

伝説の人斬りの後継者、志々雄真実

2014年の邦画の興行収入でトップの地位を気づいた「るろうに剣心」において、印象的なキャラクタ―と言えば志々雄真実です。

全身を包帯で覆い、狂気と野心で日本を牛耳ろうとする彼と主人公である緋村剣心との戦闘を中心に描かれています。

志々雄真実は維新の戦争である戦いで、仲間であるはずの明治政府に全身にやけどを負わされて、始末されたと思われていましたが、強靭な精神力で生き残り、明治政府に対する復讐を糧に気を伺っていたのです。

そこへ剣心のもとに、政府から志々雄真実の抹殺命令が下されたところからこの映画はスタートします。

この志々雄真実役に藤原竜也が演じることになるのですが、彼はこういったダークヒーロー的な役柄が良く似合い、最初に配役が発表されたときには思わず納得したのを覚えています。

原作にもある剣術に火を自在に操る様子なども描写されていて、原作を限りなく忠実に再現しているなという印象です。 そして彼にも過去の背景や仲間などがいることにより、より壮大な戦いを繰り広げたのです。

Copyright(c) 2016 ついに映画化!るろうに剣心を斬る!! All Rights Reserved.